ウーロン茶は何?

ウーロン茶は何?

世界には大きく分けて、緑茶、紅茶、烏龍茶の3種類のお茶があります。 ハーブティーは茶葉を再加工して作られたものです。

では、なぜ緑茶、紅茶、烏龍茶に違いがあるのでしょうか。茶葉はもともと緑色や赤色をしているからでしょうか?

実はそうじゃなく、茶葉を摘んだ後に、製茶工程によって、どんなお茶になるかが決まるんです。例えば、金萱(きんせん)という品種は、緑茶(不発酵茶)、中発酵茶(中発酵茶)、紅茶(完全発酵茶)、すべてのお茶の種類にすることができます!

不発酵茶ー緑茶

緑茶は、摘採したばかりの生葉は、そのまま殺菁作業(発酵酵素の働きを止めるより、発酵を止めることです。)、揉む作業を行って生産されたお茶です。緑茶は最も茶葉本来の味わいを持っています。カテキンや甘いアミノ酸をたっぷり含んています。

最高級の緑茶は、通常、日本などの冷涼な地域で生産される。 日本玉露や煎茶は、その豊かで旨味で有名です。

日本からほど近い台湾で、緑茶も生産されております。台湾で最も有名な緑茶は三峡にあり、その碧玉みたいな青緑色と葉の形が巻貝に似ているから、碧螺春(ビーラシュン)と呼ばれています。高級な碧螺春は、大豆や野菜のような爽やかで甘い香りがします。

完全発酵茶ー紅茶

茶葉を摘んで空気に接触してから、茶葉に含まれるポリフェノール(特にカテキン)の一連の発酵反応が始まり、ウーロン茶や紅茶に変化し始める。もし茶葉が発酵を最後まで続け、80%以上のポリフェノールが発酵され、最後も殺菁作業が行われない場合、完全発酵茶になり、紅茶と呼ばれます。

半発酵の烏龍茶、味わいが最も多様です

発酵の途中で殺菁を行い、発酵を止めると、半発酵茶の烏龍茶になるんです。 一般的に、発酵度が10〜80%のものが烏龍茶。どんな品種の生葉でも、どんな発酵度でも作ることができますが、生葉が適さない発酵度で作ると、おいしくなりません。良い発酵と呼ばれるのは、茶葉に含まれるポリフェノールとアミノ酸の比率がポイントです。

ポリフェノールは茶葉の発酵原料の一つであり、高温で日当たりの良い産地ほどポリフェノールが多く、重発酵のウーロン茶や紅茶の製造に適している。 熟した柑橘系の風味を持つことが多い。

台湾の高山区など寒い地域では、茶葉に含まれるポリフェノールが少なく、アミノ酸が多いため、軽発酵の烏龍茶や緑茶に適している。軽発酵の烏龍茶は、花のような、竹のような香りを持つことが多い。

台湾は世界一の烏龍茶の産地で、暖かい平地から寒い山間地域まで、様々な茶園があり、好みに合わせて様々な風味の烏龍茶を生産しています。

最後に、台湾でよくある烏龍茶を紹介いたします。
高山茶:主に軽発酵の烏龍茶で、花のような豊かな香りと爽やかな甘みが特徴です。
凍頂烏龍茶:中発酵の烏龍茶で、ドライフルーツや木のような風味があり、非常に有名なお茶です。
鉄観音:中発酵の烏龍茶で、包布揉みと包布炒りという独自の製法により、熟した果実のような独特の風味を持つ。
東方美人茶:台湾ウンカが生葉に唾液をつけることにより生まれる独特の蜂蜜のような甘みが愛されている重発酵茶です。